2016年10月25日火曜日

メールニュース TPP批准にSTOP! Vol.9 「採決ありき」の日程に野党反発  札幌と宮崎で公聴会~抗議の声を!

■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■■
■■  \\  メールニュース TPP批准にSTOP! Vol.9 // ■■
■           10月25日発行               ■


※このメールニュースはこれまでTPPテキスト分析チームのブックレットや集会にご参加くださった皆様をはじめTPP阻止の取り組みでご一緒した皆さまにお送りしています。ご不要な場合は管理者宛て(末尾)にご連絡ください。


──────────────────────
 1.与党の「採決ありき」の日程に野党が反発
  国会の行方は見通せず
──────────────────────

先週から今週にかけて、再び国会審議は不正常な状態になりました。

地方公聴会の日程も一度は10月24日に決められたものの、野党からの反発を受けて再調整し明日の26日(水)に開催することとなりました。全国的にTPPへの懸念が強い中、選ばれたのは北海道・札幌市と宮崎県高千穂町の2か所。特に高千穂町は市民がアクセスしづらい場所であることから疑問の声も多く上がっています。

札幌の地方公聴会では、これまでTPPに反対してきた農民団体や消費者団体・市民が、「TPP批准阻止」「十分な審議を尽くして!」などのアピールをするため、会場前でのアクションを予定しています(詳細下記)。足を運べる方はぜひご参加をお願いいたします。

さて国会審議ですが、10月21日も本日10月25日にも、TPP特別委員会の議事運営が乱暴であると抗議する民進党・共産党が委員会を退席、与党のみで参考人質疑が行なわれました。マスメディアによれば、まだほとんどの質疑が行なわれていない状況にあっても、「28日採決も可能性あり」との報道が聞こえてきます。26日に地方公聴会を行なった後には、まとめの質疑や中央公聴会も開催されるのが通常です。しかしそれらの手続きも無視して、28日あるいは月内に採決を目指しているのだとしたら、尋常なことではありません。TPPへの賛否を越えて、十分に内容を深める民主的な議論を多くの人が求めています。

ここ数日は、国会前での座り込み行動もあります。ぜひ多くの方の参加をお願いいたします。

また地元選出議員への働きかけやSNSでの発信など、できることを具体的に、一つでも皆さんでやっていきましょう!

★TPP特別委員会委員名簿
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_iinkai.nsf/html/iinkai/iin_t5230.htm


──────────────────────
 2.明日、札幌と宮崎で公聴会 ~抗議の声を!
──────────────────────

26日(水)、地方公聴会が北海道と宮崎県で開催されます。
一般の方々は中に入れませんが、会場前で抗議行動が行なわれる予定です。
プラカードを持って公聴会を取り囲み、抗議の声を届けましょう!

●札幌会場
10月26日(水)13:15~15:35
京王プラザホテル
北海道札幌市中央区北5条西7-2-1
https://www.keioplaza-sapporo.co.jp/

10:00~ 京王プラザホテル前で抗議行動
16:00~18:00 報告会
TKP札幌ホワイトビル6F カンファレンスルームC
札幌市中央区北4西7-1-5
https://www.facebook.com/events/616824195167146/

●宮崎会場
10月26日(水)13:00~15:00
ゆめゆめプラザ-TAC
宮崎県西臼杵郡高千穂町三田井33-5
http://takachiho.ja-miyazaki.jp/yumeyume.php

※抗議行動は、会場前にて昼ごろから終了時間までの予定。


★★★プラカード★★★
セブンイレブンのネットプリントで印刷できます。
11月1日(火)まで印刷可能です。 各地のデモでもご活用ください!

ファイル名       プリント予約番号
NoThanksTPP_card_01  14036432
NoThanksTPP_card_02  13475390
NoThanksTPP_card_03  22772364
NoThanksTPP_card_04  53145990


──────────────────────
 3.国会前 座り込み行動に集まろう!
──────────────────────

緊迫する国会情勢を受け、10月25(火)~27(木)日の3日間、全国食健連の主催で、連続の座り込み行動が国会前にて行われます。
また28日(金)は「TPPを批准させない!全国共同行動」の主催で、10時から座り込み行動があります。
SNSでの情報拡散、当日のご参加をよろしくお願いします!


★10/25(火)~27 (木)12:15~16:00 国会前座り込み 
https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=1599847193652830&id=1535027440134806

★10/26(水) 17:00~院内集会 18:30~TPP共同アクション(下記、水曜日行動参照) 

★10/28(金) 10:00~TPPを批准させない!採決強行を許すな!座り込み行動
※終了時間は国会の状況により決定。
http://nothankstpp.jimdo.com/
 

■■国会議員地元事務所への要請行動も並行してやっていきましょう!■■

(1)地元事務所への要請の意義
国会議員は、地元有権者の動向を見ています。とくに自民党議員は、2012年の「TPP断固反対、ウソつかない、ブレない自民党」という公約に反した行動をとっているわけですから、なおさらです。参議院選挙、新潟知事選挙に示された市民と野党の共闘の力は、「公約に違反してTPP批准に賛成した議員は国会に戻さない」という有権者の強い意志にも通じます。地元事務所への要請の大事な意義はここにあります。

(2)要請のためのグッズ
「要請」ならびに「10.15中央集会アピール」(※)、できればブックレット「そうだったのか!TPP 24のギモン」も手渡して、議員や秘書などに読んでもらいましょう。議員も、自分の目で協定を確かめないで、「国会決議に反していない」という政府・官僚の説明をうのみにしている可能性があります。

※こちらでダウンロードできます。
http://nothankstpp.jimdo.com/


──────────────────────
 4.TPPを批准させない!水曜日行動
──────────────────────

これまでTPP批准阻止に取り組んできた幅広いネットワークは、下記の通り、「TPPを批准させない!水曜日行動」として、毎週水曜日に院内外で行動を行なっています。国会情勢を知り、声を上げていくために、ぜひご参加ください。

◆野党議員による国会報告&議員会館前アクション
11月30日(水)までの毎週水曜日 ※11月23日は休み

●17時~18時・国会報告と意見交換(議員会館内会場)
●18時半~19時半・議員会館前抗議行動

●会場:   
10月26日(衆院第二議員会館・第一会議室)
11月2日(衆院第二議員会館・多目的会議室)  
11月9日(衆院第一議員会館・大会議室)
11月16日(衆院第二議員会館・多目的会議室) 
11月30日(予定:衆院第一議員会館・多目的ホ-ル


●呼び掛け:TPPを批准させない!全国共同行動
http://nothankstpp.jimdo.com/


──────────────────────
 5.ジェーン・ケルシー教授講演会
 「アメリカを始め各国がTPP批准できない現状について」
──────────────────────

TPP交渉差止・違憲訴訟の会が講演会を行ないます。ぜひご参加ください。

日時: 10月31日(月)15時30分~17時30分
場所: 参議院議員会館 講堂

内容: ジェーン・ケルシー教授による講演と意見交換
    演題「アメリカを始め各国がTPP批准できない現状について」

問い合わせ先:TPP交渉差止・違憲訴訟の会 TEL.03-5211-6880 FAX.03-5211-6886


──────────────────────
 6. ロリ・ワラック氏ら、日本へ緊急メッセージ
   「TPPがアメリカ議会で通る可能性はほとんどない」
──────────────────────

10月7日(現地時間10月6日)、アメリカのワシントンD.C.にて、 山田正彦元農水大臣、日本の市民団体のメンバーが、TPP反対を訴えて抗議活動を行い、パブリック・シチズンのロリ・ワラック氏、ナショナル・ファーマーズ・ユニオン会長のロジャー・ジョンソン氏より日本へ緊急メッセージが届けられました。「TPPがアメリカ議会で通る可能性はほとんどない」「日本はなぜ急いで批准しようとするのか?」と、いまの情勢の本質を突いた疑問が提示されています。ぜひ、SNSなどで拡散してください。

 
― 米パブリック・シチズンとナショナル・ファーマーズ・ユニオンから日本へ緊急メッセージ! 
~TPP反対活動を続ける山田正彦・元農水大臣らによる訪米アクション~ 2016.10.7
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/339837



──────────────────────
 7. 大好評で6万部突破!
  ブックレット「そうだったのか!TPP」
──────────────────────

TPPテキスト分析チームが8月に刊行したブックレット「そうだったのか!TPP」は、発売以来、全国から注文が相次ぎ、増刷を続け6万部に達しています。学習会などでご利用いただいていますが、まだまだ多くの方にお読みいただきたいと願っています。

※TPPの中身をわかりやすく、24のQ&A方式でまとめています。学習会やイベントでTPPの問題を考えるテキストとしても最適です。
※本ブックレットは、1部100円(送料別、注文は5部以上)で販売しております。また全ページ、PDF版で閲覧可能です。

ぜひお読みいただき、TPPについて考えるきっかけとしてご利用ください!
★詳細・ご注文は→ http://notppaction.blogspot.jp/2016/08/tppq.html



■■■TPPテキスト分析チーム■■■

●ウェブサイト「そうだったのか!TPP」
随時情報発信中!
http://notppaction.blogspot.jp/

●フェイスブック
ぜひ「いいね!」をしてください!
https://www.facebook.com/TPPAnalysis/

●ツイッター
フォローしよう!RTしよう!
https://twitter.com/TPP_Analysis



■□■…………………………………………………………………………………
編集後記
いよいよ明日、札幌と宮崎で公聴会が開催されます。たくさんの方が集まり、抗議の声が国会に届くことを祈っています。さて、22日(土)にNHKで放送された「シリーズ マネー・ワールド 資本主義の未来 第2集 国家VS.超巨大企業~富をめぐる攻防~」http://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20161022 がとてもよかったようです。 私は見逃してしまったのですが、資本主義の限界、新自由主義の矛盾を鋭く批判する内容だったようで、ぜひ見たい!と思っていたら、再放送があることがわかりました。本日(25日)深夜です。 10月26日(水)午前0時10分~0時59分。「第3集 巨大格差 その果てに」の再放送は、29日(土)午前0時10分~0時59分(28日深夜)。お見逃しなく!(柴田麻里)
…………………………………………………………………………………■□■

===============================

【編集】アジア太平洋資料センター(PARC) 内田聖子/柴田麻里
【発行】TPPテキスト分析チーム
●毎週火曜日・金曜日発行
※本メールニュースはウェブサイトでも掲載しています。
 http://notppaction.blogspot.jp/
※登録は無料です。どなたでも登録可能です。ぜひ周りにお勧めください!
※配信停止をご希望の方は下記のリンクをクリックしてください。
http://www.parc-jp.org/tpp_mailer2016/reg.cgi?reg=del&email=okutome-haruki@pal-relations.co.jp

0 件のコメント:

コメントを投稿